JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
2015年のお知らせ
和歌山の柿の魅力を全国へ トップセールス実施
2015/10/15

★★和歌山の柿の魅力を全国へ トップセールス実施★★

JAでは柿の販売時期に合わせ各地で集中的な販売促進を行っています。

都市圏での販売促進イベントでは10月1日にスカイツリーとJA大阪駅構内。

2~4日は関東地区主要スーパーで催しが行われ、キャラクター撮影会や

様々なPRイベントが実施されました。

 

 

 

 

 

注意喚起で振り込め詐欺を未然にストップ!!(かつらぎ東支店)
2015/10/15

☆☆注意喚起で振り込め詐欺を未然にストップ☆☆

かつらぎ東支店とかつらぎ警察が連携し、支店店頭とAコープかつらぎ店で

振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺を未然に防止するための街頭広報を

行いました。

PR隊員「かきたん」も加わって利用者にチラシを配り、「電話で現金を

送れは詐欺」などと呼び掛けました。

 

今年1月から9月末までの和歌山県内の振り込め詐欺被害は38件、

約2億4259万円(前年比プラス12件)。

息子や孫をかたる手口が14件、還付金の返還を名目とする手口が1件、

架空請求詐欺が23件ありました。

 

JAでは、顧客が高額の現金を引き出したり、ATMを利用したりする際の

声掛けを徹底し、被害防止に努めています。

また怪しい電話があった際の相談を呼び掛けています。

バケツ稲作り大成功 in 応其こども園(10月7日)
2015/10/07

☆☆バケツ稲作り大成功 in 応其こども園☆☆

営農課が10月7日、橋本市立応其こども園でバケツ稲の刈取り作業を指導しました。

 

園児は用意された鎌を手に、初めての稲刈りに挑戦しました。

バケツ稲栽培は日本人の主食となる米の栽培に触れ、食の楽しさや大切さを

伝えていく食育の一環として管内各地で行われています。

園児は「最初は3粒の種から、たくさんお米ができた」と大喜びでした。

 

6月9日に籾蒔きが行われた稲は園児たちの手で丁寧に刈り取られ、

約10日間自然乾燥させた後、ゴムボールとすり鉢を使って籾すりされ、

園児たちがおにぎりにして食べる予定です。

柿の出荷が最盛期を迎えています。
2015/10/06

JA紀北かわかみ管内は全国でも有数の柿の産地です。

9月中旬には、早生品種の柿の中で生産量が最も多い刀根早生の出荷が

最盛期を迎え、10月中旬からは紀の川柿、11月上旬からは富有柿の

出荷が始まります。

刀根早生は、出荷時に渋抜きを行う渋柿で、渋抜き後は甘くまろやかな口当たり。

紀の川柿は、樹上で渋抜きを行い、シャキシャキとした食感で甘みが強く、

富有柿は甘柿の代表的品種で、果汁が多く甘みが強いのが特徴です。

柿には多くのビタミンCが含まれており、1個で1日に必要な摂取推奨量を

満たすことができます。

また、カロテン、食物繊維、カリウム、ポリフェノールなど、体に良いと言われている

栄養素を多く含んでいます。

おいしい柿の見分け方は、果皮にハリがあり、全体にむらなく色づいているもの。

果実は大きく手に取って重みのあるもの。

販売担当者は「今年度は多雨や出荷直前の日照不足もあったものの、

生産者努力もあり品質は上々」と話す。

 

紀の国わかやま国体2015でJAグループも出店
2015/10/05

紀の国わかやま国体2015にJAグループが出店

10月3日~4日、『かきたん』は紀の国わかやま国体の陸上競技が行われている

和歌山市・紀三井寺陸上競技場内にある「きいちゃん広場」に、JAグループ和歌山の

一員として、和歌山県内の農産物や加工品の販売応援に出かけました。

 

 

松源 橋本林間店に新規ATMがオープン
2015/10/05

◆◆10月6日 松源 橋本林間店に新規ATMがオープン◆◆

 

 

平成27年10月6日、マツゲン橋本林間店(橋本市三石台1丁目2-1)に、当JAのATMが

新規オープンしました。ぜひ、ご利用いただきますようお願い致します。

上の写真をクリックするとチラシのpdfが開きます。

 

チャレンジする精神を忘れずに!!新たに6人がJAに入組(9月30日)
2015/09/30

◆◆チャレンジする精神を忘れずに!!新たに6人がJAに入組◆◆

中途採用職員6人、正規当用者3人の入組式が本店4階大ホールで

行われました。

新入職員らは常勤役員らと顔合わせの後、下林組合長から辞令を

受け取り、各自が目指す姿や目標を力強く述べました。

下林組合長は「これから多くの困難や壁にあうこともあると思いますが、

仕事に喜びを見出して、常に挑戦を忘れず頑張ってください」と激励しました。

創業30周年記念!! Aコープ特売情報(10月1日~10月31日)
2015/09/28
10月1日㈭ ▸ 31日㈯ 
 
 
Aコープかつらぎ店創業30周年!感謝祭!!

 

Aコープかつらぎの特売日速報です。

JAだから新鮮!! JAだから安心!! JAだからスタッフもハートフル!!

今年もうれしいAコープの特売DAYSがやってきます!!

 

タイムサービスに合わせてお買いものいただければ、

なお、お得です。ぜひチラシのチェックをお忘れなく。

 

詳しくは↓のチラシをクリックしてくださいね。pdfファイルが開きます。

 

青年部企画 ブドウ狩り(9月16日)
2015/09/17

☆☆甘くておいしいブドウをぱくり!!☆☆

JA紀北かわかみ青年部が9月16日、農業体験と食農教育の一環として、

橋本市内にあるブドウ園でブドウ狩り体験を実施しました。

参加したのは橋本市立西部小学校の2年生49人。

児童は約100平方メートルのブドウ園で、コンテナに乗ってたわわに実った

「マスカット・ベリーA」「高妻(たかつま)」といった4品種を収穫し

異なった品種のブドウの食べ比べを楽しんだ。

 

青年部部員で園主の堂田奈央さんがブドウの栽培の歴史や植生を説明。

ブドウの花を示し、「ブドウの花は花びらを持たず、メシベと

オシベだけがあります」と紹介しました。

児童は普段はあまり目にすることのない小さな実のような花を

興味深げに観察しました。

また、ブドウの食べ比べでは、「それぞれ味が違っておいしいね」と笑顔でほおばりました。

青年部では次世代を担う子どもたちに農業を通じて「農業や食の在り方」を

楽しみながら学んでもらおうと、積極的に食農教育を行っています。

 

 

食欲の秋! やっちょん広場には秋の味覚が勢ぞろい!!
2015/09/10

☆☆食欲の秋! 

   やっちょん広場には秋の味覚が勢ぞろい☆☆

9月に入り、やっちょん広場にはブドウといった秋の味覚が

数多く出荷されています。

柿では種のない四角い形をした刀根早生柿

切ると黒砂糖が入ったように見える紀の川柿

梨では果肉がやわらかく多汁な豊水

お尻の部分が大きくへこんだ形の幸水

ブドウでは大粒の紫黒色をしたピオーネ、濃い紫黒色た巨峰

果肉がやわらかめで果汁が豊富な藤稔などなど。

ぜひ秋の味覚を探しに、やっちょん広場へお越しください。

極早生たねなし柿の出荷始まる(9月5日)
2015/09/10

☆☆極早生たねなし柿の出荷始まる☆☆

5日、極早生たねなし柿「中谷早生」の初選果が始まりました。

かつらぎ中央総合選果場(かつらぎ町妙寺)には、管内から次々と柿が入荷。

機械と作業員がベルトコンベアーで流れてくる柿の等級やサイズを選別しました。

 

この日出荷されたのは1050ケース(約7.5t)。箱詰めされた柿は7日、北海道市場に出荷されました。

かつらぎ中央総合選果場は、かつらぎ町内の5つの選果場を統合し、敷地面積4.5ha。

1日に最大225tの柿を処理できる最新鋭の設備を備えた国内最大級の選果場です。

効率的な選果を目指すとともに、非破壊内部品質センサーや予冷・保冷機能を持つ

自動倉庫、全ラインへの金属探知機導入など、消費者が求める「食の安全・安心」に最重点を置いています。

 

第5回目 担い手塾
2015/09/08

◆◇第5回目 担い手塾◇◆

営農課が8月27日、かつらぎ支店で第5回目担い手塾を開講しました。

今回の担い手塾では、柿の収穫前作業として、マルチの敷設・摘葉処理についての講義が行われました。

これらの作業は、果実の着色を促進させるので、出荷時期を早めることが出来ます。

 

また、講義後の実習では、柿の摘葉を行いました。

摘葉前(上)と摘葉後(下)の写真は下のようになります。

 

 

果実周辺の葉が取り除かれ、日当たりが良くなりました。

 

第6回担い手塾は、「農薬の基礎、ナバナ播種・土作り実習」の内容で、9月17日(木)にかつらぎ支店で行う予定です。

 

 

笠田小学校の児童が梨狩りに挑戦
2015/09/07

☆☆笠田小学校の児童が梨狩りに挑戦☆☆

JA紀北かわかみの営農課が9月4日、かつらぎ町にある「坂田農園」で

かつらぎ町立笠田小学校2年の児童を対象に梨狩り体験と『

食』の研修を行いました。

同農園で栽培されている品種は果皮が茶色くシャリシャリした

食感のある「豊水」が中心。

園主の坂田純一さんが収穫時の果実の取扱いや食べ頃の

果実の選び方を指導しました。

 

『食』の研修では営農指導員が地元で収穫される果物の種類や

栄養・効能についての説明。

「食べ物に感謝して、好き嫌いをせず食べ物を大切にしましょう」と

呼びかけました。

梨狩り体験は食農教育活動の一環として行われています。

 

 

『かきたん』のお友だち100人プロジェクト実施中!
2015/09/06

 『かきたん』のお友だち100人プロジェクト実施中! イベント会場で『かきたん』に出会ったらスタッフに「友だち100人プロジェクト」と声をかけてください。『かきたん』と一緒に写真を撮って、facebookで紹介させていただきます。 100人と言わず、もっと多くのみなさんとお友達になりたいと思っていますので、恥ずかしがらないで声をかけてくださいね(*^_^*) どうぞ、よろしくお願いします。

Posted by 紀北川上農業協同組合(JA紀北かわかみ) on 2015年9月6日