JA紀北かわかみは、安心・安全を提供しています。いつも地域の皆さまの近くに。
ホーム
/
新着情報
JAだより のお知らせ
藤戸台小学校の児童が選果場を見学(11月9日)
2015/11/13

☆☆藤戸台小学校の児童が選果場を見学☆☆

和歌山市立藤戸台小学校の4年生が11月9日、かつらぎ中央総合選果場に

社会科見学に訪れました。

これは実際に選果場や園地を見学することで、より理解を深めようというものです。

児童らは選果場に持ち込まれたたねなし柿がベルトコンベアで運ばれる様子や、

選別された柿が機械で箱詰めされる様子を興味深く見ながら、熱心にメモをとりました。

児童からは「一日にどのくらいの柿が出荷されますか」「おいしい柿の見分け方は

なんですか」などたくさんの質問があがりました。

質問にはJA担当職員と柿生産者が、わかりやすく興味が湧くように応えました。

 

 

見学後、児童らは近くの柿園地に移動。

色づいた富有柿を、丁寧に収穫し、旬の味覚を味わいました。

また持ち帰った柿で後日、干し柿づくりに挑戦します。

 

金剛峯寺に御用達米「天野米」を奉納(11月9日)
2015/11/09

■■金剛峯寺に御用達米「天野米」を奉納■■

11月9日、JA紀北かわかみが、高野山総本山金剛峯寺に御用達米

「天野米」の新米30キロ3袋を奉納しました。

かつらぎ町天野地区では良質な紀伊高野山系の清水を使って栽培。

2004年から金剛峯寺御用達米に認定されています。

金剛峯寺 上壇の間で行われた奉納式では、下林茂文組合長が

添田隆昭宗務総長に目録を手渡しました。

下林組合長は「農業はいつの時代も必要不可欠な産業。地域農家とともに

日本の農業を支えていかなければならない」と語りました。

「紀北川上農業協同組合天野良質米部会」は厳正な生産規準を遵守し

栽培した天野地区産キヌヒカリのなかから、食味75度以上の米のみを

高野山総本山金剛峯寺御用達「天野米」として販売しています。

今年度は多雨や日照不足といった天候不順に悩まされたものの、生産者

努力もあり品質は上々。

基準に達した約100袋が御用達米となりました。

ご当地キャラ大集合!!オカザえもんのおともだち101人プロジェクト再会
2015/11/03

 平成27年10月31日(土)に愛知県岡崎市・岡崎公園で開催された、「オカザえもんのおともだち101人プロジェクト再会」に昨年に引き続き参加させていただきました。 「オカザえもん」をはじめ多くのご当地キャラのみんなやご当地キャラファンのみなさんと再会することができて、『かきたん』とてもうれしく、楽しかったです。 「オカザえもん」ありがとう!そして、これからもよろしくです(^_-)

Posted by 紀北川上農業協同組合(JA紀北かわかみ) on 2015年11月3日
橋本資材・農機センター大感謝祭(11月28~29日)
2015/10/30

きて!みて!ふれあう2日間!!

橋本資材・農機センター大感謝祭!!

日頃のご愛顧に感謝してJA紀北かわかみが総力あげて取り組みます。

▽チラシをクリックするとpdfファイルが開きます。

 

  

2日間で約8万人の来場者!「ご当地キャラ博in彦根2015」
2015/10/29

「ご当地キャラ博in彦根2015」に参加しました

全国43都道府県から209体のご当地キャラが集まる彦根の秋の恒例行事

「ご当地キャラ博in彦根2015」が2日間にわたって、滋賀県彦根市の

彦根城周辺で行われました。

 

会場は、京橋会場・夢京橋キャッスルロード会場、サブイベント会場として銀座会場、

ステージは京橋ステージ・四番町ステージ2ステージでご当地キャラが

都道府県ごとに、ご当地自慢をPR、また会場のブースではご当地キャラごとに

物産やキャラクターグッズの販売等をおこないました。

 

ブースが並ぶなか、直販課職員と「かきたん」が旬を迎えた刀根早生柿をPR。

2000個あった柿はイベント終了を待たずに完売し、多くの来場者に

和歌山の柿の魅力を伝えることができました。